エアクッションシステム

エアクッションシステム
エアクッションシステム
    • ・工場エアを供給するだけで、数百kg~600tの重量物を搬送可能

    • ・コンパクト&低コストでフォークリフトレス・クレーンレスを実現

  • ・資格や免許が不要!! 誰もがオペレーター!! 思い立ったら重量搬送可能
  • ①重量物の下にエアクッッションシステムをセット
  • ②レギュレーターを開いてエアを供給
  • ③手で押すだけで滑るように搬送可能
  • エアクッションパレット(派生モデル)
  • エアクッション金型交換台車(派生モデル)
  • エアクッショントランスポーター(派生モデル)

エアクッションシステムの仕組み

エアクッションシステムの仕組み
  1. 待機状態では、エアクッションモジュールは床に接地しています。
  2. 圧縮エアが供給されると、膨らんだエアクッションモジュールが床面と密着し、床面との間に圧縮エアが溜まり始めます。
  3. 一定量を超えると、周囲に溢れだし、エアクッションモジュールと床面の間に約0.01㎜のエア膜(エアベアリング効果*¹)が発生します。
  4. エアベアリング効果により、エアクッションモジュールと床面の摩擦係数は1/1000まで低下

 

1000kg=1kgf

 

1000㎏の重量物を僅か1kgの力で搬送可能に!!

 

*エアベアリング効果を発揮するためには、平坦でなめらかな床面が必要となります。

エアクッションシステムの特長

  • 省エネ
    圧縮エア(0.2Mpa・780L/min~)だけで人が1tを簡単に動かせる
  • 省スペース
    本体寸法 205mm×205mm×31mm(W×D×H)~と非常にコンパクト
  • 低コスト
    フォークリフトの1/5以下の価格で購入可能(2.5トンモデル:定価¥678,000)
  • 安全
    重量物を高い位置へ持ち上げず、人が押して搬送するため、フォークリフトやクレーンの様な接触事故・落下事故が起きにくい
  • 床へのダメージが少ない
    摩擦係数1/1000のため、チルローラーやフォークリフトに比べ圧倒的に床に優しい。
  • 位置決め調整が容易
    前後左右移動・回転も可能なため、フォークリフトやクレーンでは難しいミリ単位の位置決めが可能。
  • ランニングコスト削減
    資格や免許・法定点検が不要且つ、簡単に操作できるため、作業者を選ばない。