エアスプリング

エアスプリング
エアスプリング
エアスプリング
エアスプリングは防振・除振機能のみならず、圧縮エアの吸気・排気に伴い伸縮する構造のため、シリンダーの代用としても機能します。
ISO
Oriaは、スペインにあるISO 9001の認定を受けたAir Springsの設計および製造会社です。
  • エアスプリング
  • エアスプリング
  • エアスプリング
  • エアスプリング
  • エアスプリング
  • エアスプリング

特徴

エアスプリング
  1. 固有振動数が低い(1~4Hz)ため、高い防振性能を発揮
  2. 供給エア圧を増やすことで、防振性能はほぼ変わらず、より高荷重に対応可能
  3. ベローズ(蛇腹)形状のため、伸縮に対して無理のない設計となっており、エア式や油圧式シリンダの代用として使用可能
  4. シリンダの様な摺動部が無いため、注油等のメンテナンスが不要且つ耐久性が抜群に高い
  5. 同じストローク量・推力のシリンダよりも高さを取らないコンパクトな設計
  6. 様々な取付方法、外形寸法、耐荷重、ストローク量に対応した幅広いラインアップ
  7. 標準的なゴム材料だけではなく、高い対候性のブチルやニトリル、高温に強いEPDM、海水や酸に対する耐性のあるクロロプレン等、製品ラインアップのおよそ95%で材料の変更が可能

ORIAのエアスプリングは、ベローと金属板との間を完全に密着固定し、気密性を高めております。 ベローズは、様々なゴム層と補強布層からなっており、モデルに応じてこれらのエアベローズは、ビードプレートまたはビードリングとは異なるエンドクロージャに変更することができます。 金属板の素材もご希望に合わせたものに変更が可能です。またベローズのゴム素材もご希望に合わせた素材を選択することができます。

利点 ・低いコスト ・広いサイズの範囲: 140〜950mmの測定 1,6から445 KNの力 ・メンテナンスや潤滑が不要で、長寿命。 ・摩擦フリー ・最大30°の角度機能 ・コンパクトな出発高さ ・効果的なノイズリダクション
材料
標準ゴム
これは、エアスプリング業界で最も広く使用されている材料です。Oriaはこの材料で100以上のモデルを製造しています。 最低温度= -40℃。最高温度= + 70℃。
その他の化合物
特殊用途のエアスプリングも製造しています。当社の全製品ラインの約95%は、次の材料で製造することができます。
ブチル(IIR) オゾンや太陽光の耐久性のために業界で広く使用されている材料。 最低温度= -25℃。最高温度= + 90℃。
ニトリル(NBR) 炭化水素油や燃料、オゾンや悪天候に優れているため、屋外など幅広く使用されている材料。 最低温度= -25℃。最高温度= + 110℃。
EPDM 高温に対する優れた耐性の材料。 最低温度= -20℃。最高温度= + 115℃。
クロロプレン(CR)

海水に対する優れた耐性と酸に対する中程度の耐性を持つ物質。 最低温度= -20℃。最高温度= + 110℃。

ステンレス鋼
ORIAエアスプリングには、耐食性を向上させる目的で、ステンレス製のクロージャーとビードリングを付けることができます。 最も一般的に使用される材料は、AISI 304(DIN 1.4301)およびAISI 316(DIN 1.4401)です。

活用シーン

活用シーン ・業務用大型エアコン用室外機の騒音・振動防止に ・昇降装置(シザーリフト)のシリンダとして ・太陽光パネルの角度調整機構として ・業務用洗濯機の防音・防振対策に ・トラックのサスペンションやトラックヤードの段差解消用昇降装置に ・採石場のスクリーナー(分別する)装置のパーツとして ・モーターのカップリング(軸継手)として