株式会社ダイナテック

  1. Home>
  2. 製品情報>
  3. ボール/ローラエアリフタとは

ボール/ローラエアリフタとは

About Ball/Roller Air Lifter

エアで位置決め ボール/ローラエアリフタ

エアとボールで金型の位置決め搬送が可能。プレス機械のUみぞ・Tみぞに挿入して、エアを接続するだけで使用できます。金型交換の時、エアを給気して、ボール/ローラエアリフタを上昇させます。重量500kgの金型はわずか15kgf以下の力で動かすことができ、ボールエアリフタは360度方向に動かすことができます。また、プレス機械だけでなく、溶接機械や各種専用機械の治具交換や位置決めにも使用できます。

用途
・プレス機械の金型交換、位置決め
・溶接、専用機械の治具交換、位置決め
・コンベアラインの方向転換に
・金型ラック、金型台車用に

ボールローラエアリフタ 金型位置決め

ボール / ローラエアリフタのイメージ

エアを給気してボール部がリフトアップします。重量500kgの金型はわずか15kgf以下の力で動かすことができ、360度方向に動かすことができます。位置が決まりましたらエアの供給を止めリフトダウンしボール部が下降し金型が着座します。プレス機械や、溶接機械や各種専用機械の治具交換や位置決めにも使用できます。

ろボールローラエアリフタ 金型位置決めイメージ

ボール / ローラエアリフタの構造

ボールエアリフタ/ローラエアリフタはボール受部(ローラフレーム部)とエアリフタ部により構成されています。エアリフト部のエアリフトチューブ内にエアを給気することにより、ボール受部(ローラフレーム部が上昇します。エアを排気すると自重でボール受部(ローラフレーム部)が下降します。ボール/ローラで持ち上げられた金型、治具、搬送物や重量物は摩擦抵抗がわずか1/100~3/100で動かすことができます。

エアで位置決め ボール/ローラエアリフタの構造

ボール/ローラエアリフタにUみぞ挿入タイプのBU,RUとTみぞ挿入タイプのBT,RTがあります。
用途に合わせてお使い下さい。

▲ TOP