ローラエアリフタ RT

製品概要

ローラエアリフタ RT
ローラエアリフタ RT
プレス機のボルスターや製造装置の製品搬送部にあるT溝に設置し、搬送対象を動かす際、エアを供給するとローラ部が上昇し、搬送対象を転がすことが出来ます。
500㎏の搬送対象もわずか10kgfの力で前後方向に手で動かすことが可能です。
位置決めピン等既定位置まで搬送後、エア排気で位置決めが完了致します。
  • ローラエアリフタ RT
  • ローラエアリフタ RT
  • ローラエアリフタ RT

Uみぞ、ボール型もございます。

ローラエアリフタ RTの特徴

ローラエアリフタ RT仕様

ローラエアリフタ RT30 型式 仕様

画像仕様

横にスクロールしてご覧いただけます。

※リフト力:エア圧0.5MPa時
※最低下降質量:使用後エアを排気した際、ボール部を瞬時に下降させるのに必要な質量
※製品寸法・リフト量:上記に記載の無い仕様にも対応可能です。詳細はお問合せください

ローラエアリフタ RT36 型式 仕様

画像仕様

横にスクロールしてご覧いただけます。

 

型式 RT36
使用圧力範囲 Mpa(kgf/㎠) 0.05~0.6(0.5~6.1)
耐圧 Mpa(kgf/㎠) 0.8(8.2)
周囲温度 ℃ -5~+50
使用流体 空気(給油不要)
ローラ径 Φmm 22
1ローラあたりの許容質量 kg 75
リフトストローク mm 3
型式 ローラ数 リフト力(kN) 最低下降質量
(kg)
RT36-350
6
2.2
350
250
300
325
8
RT36-450
8
3.1
450
350
400
425
10
RT36-550
10
4.0
550
450
500
525
12
RT36-650
12
4.9
650
550
600
625
14
RT36-750
14
5.8
750
650
700
725
16
RT36-850
16
6.7
850
750
800
825
18
RT36-950
18
7.6
950
850
900
925
20
RT36-1050
20
8.5
1050
950
1000
1025
22

※特殊ローラ、ステンレス、ナイロン、他の樹脂製は別途お問合せください
※リフト力:仕様エア圧0.5MPa時の値です
※最低下降質量:エアを排気後、上昇ストローク2mmを搬送物によって下降する質量
※最大全長:1500mmまで製作できます

カスタムオーダー

幅・長さ・ストローク量等、使用環境に合った製品をカスタムオーダーにて製作致します。
スプリング復帰式やクリーンルーム対応のオールステンレス製も製作可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
※スプリング復帰式(標準品と違い、エアオフで瞬時にボール部が下がりきります)